梅雨期間は必須の雨具グッズ紹介!

おはようございます!大阪支店施工の観海です!

もう6月・・・梅雨の季節がやってまいりましたね。

ちなみに関西の梅雨入は6月10日から始まっていて、
例年通り行くと7月下旬頃まで続く予報となっております。
(ちなみに去年関西梅雨明けは7月21日頃でした)

そんなまだ一ヶ月以上続く中、今回紹介する商品は雨具グッズでございます!

大量の傘本体から傘立てもご紹介していきます!

ビニール傘&黒傘

ビニール傘 OTH-035E

雨対策に透明なビニール傘はいかがでしょうか。安価で大量に使えるので、大勢の方が集まる会場に!
▲ビニール傘 ページトップへ

黒傘レンタル OTH-034E

ビニール傘では安っぽく見えて式典にあわない!そんな方にオススメです!

一度しか使わないのにで新しい傘を買うのはもったいない時はありませんか。
コンビ二でよく見かける簡易的なビニール傘ではなく、造りもしっかりしているので見栄えも良いです!!
▲黒傘ページトップへ

傘立て

鍵付き傘立て OTH-133

一度に60本の傘の収納位可能!
鍵付きなので傘を間違いや盗難の心配はありません。
マスターキーも完備していますので安心です!
折りたたみ式で収納可能なので納品設営にも優れています!
万が一、鍵を紛失した時はマスターキーがありますのでご安心ください。
▲鍵付き傘立て ページトップへ

傘のしずく取り OTH-084Md

雨天時に行われるお祭りやイベントで、心配になるのが傘の雨粒。バサバサと振り落としたり、専用ビニール袋に入れる方もいらっしゃいますが、どうしてもポタポタと水が垂れてしまいます。また、ビニール袋を使った場合は抜け落ちた袋が散らかったりして見栄えもよくありません。そこで、電気不要の傘のしずく取りの出番です。スリットに通しながらパタパタとはたくだけで、キレイに水が落ちます。さらに、移動もキャスター付きで電源不要なので簡単です!!
▲傘のしずく取り ページトップへ

傘袋とスタンド

傘袋スタンド OTH-132E

雨天時の室内イベントや傘立ての置けない場所にどうぞ!会場を快適な状態に保ちましょう!
、濡れた傘をそのまま会場内に持っていくとせっかくのイベント会場の床がビショビショになってしまいますよね。そういう時には傘袋スタンドを お使いください。これがあれば傘袋のセッチングとゴミとなった袋の回収の2役を担ってくれます。傘袋を一度に約2,000枚までかけられ、傘袋回収容器がついているので傘袋をまとめることができます。 来た人に気持ちよく過ごしてもらえる快適なイベント会場にするために、ぜひお使いください。
▲傘袋スタンド ページトップへ

高級レインポールレンタル OTH-135

雨による床濡れを防ぎ、本体を置くスペースも最小限のためお客様の転倒なども防止します。クロムメッキシルバーの美しい光沢がお客様をお出迎えします。
▲高級レインポール ページトップへ

良かったら、この記事をシェアしてください!
法子観海

法子観海 について

大阪支店施工部の長。営業チームを力強く支えてくれています!特技は看板製作。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です